曲独楽 曲こま 曲ごま 独楽

曲独楽〜きょくごま〜とは何でしょうか

お客様の質問から ヒントを得て このコーナーを作りました 

?Q !A
どんな芸があるの 代表的な芸をイラストで紹介 こちらからどーぞ
曲独楽〜きょくごま〜とは何でしょうか 曲芸ができる独楽の事です
曲独楽は他の国には無いの  芸として人に見せて仕事が400年以上続いているのは
インドと日本だけです
最近ではディアボロ・輪鼓の壊れないラバー素材の形が欧米含め流行中
仕掛けがあるんでしょ 仕掛けというより 細工でしょうか
日本の鉄加工技術の高さが無ければ
物理的に不可能な現象は舞台で表現できなかったはず
お教えできなくて残念ですが ごく少しはあります
参考までに東京永田町・国立演芸場の演芸資料として「仕掛け独楽」と「大道具」、
平成14年に伊藤誠一氏と紋也師とで寄贈しました。公開していますのでご覧下さい。
知れば知るほど 楽しくなるのが 曲独楽の素晴らしさといえます
先人のユーモアあふれる工夫とアイデアに脱帽
独楽の起源はどこですか 朝鮮半島・中国・日本古来説 様々ですが
私が一番興味があるのは 藤原宮・平城京遺跡から ろくろで作った独楽が出土している事です
曲独楽の初演はいつ 平安朝時代には朝廷、寺社の祭礼で様々の芸と共に演じた記録が残っています
「江家次第〜相撲召合の条より」
それ以前は儀式でのみ演じていて 一般の人々は目に出来ないものでした
ふつう町の人は貝や木の独楽で 占い・賭け事・遊びをしていたようです
記録に残る曲独楽の初演は元禄15年(1702年)京に「鉄芯の博多独楽」を
扱う少年 初太郎(市太郎)が 120日興行し四条河原で評判をとったとあります
「傾成色三味線」「福岡県郷土史誌〜石城誌」
今までの独楽と比べて 長時間安定して回る動きが 芸を演じる上で 多くの演出を
生むきっかけになったようです
松井源水って誰ですか 先祖は富山・礪波出身で「反魂丹製造・販売」の家柄
早い話が薬の訪問販売人で 全国を売り歩く際 なぐさみとして輪鼓を見せた
延宝・天和時代(1673〜1683年)4代目「玄水」が江戸に移り 枕返し・居合抜きを見せる
享保20年11月(1735年)松井源水〜何代目かはちょっと…〜
浅草あたりの大道で歯磨き粉売り・抜歯を商いとし 居合抜きと共に演じた記録が残る その際 香具師と門付芸人の場所争奪戦がひんぱんに起こるようになる
当時の大岡越前守忠相から香具師の元締めとして 幕府公認の役目をいただく
一番有名なのは この時代の 源水ですね 「源水独楽」という形・呼び名が 今もあります
のち幕末慶長2年(1866年)13代目松井源水たち一行は 日本で初めての海外興行をする
大正時代には 「衛生」面から大道での抜歯・薬販売などの行為が禁止 
「寄席」誕生とともに 芸が独立 16代目松井源水・小源水・中村小市などが
寄席芸人として「落語系図〜色物次第不同」月亭春松編1889年〜1917年の記録に残る
さて 現代の曲独楽師は いずれも 源水系の芸を受け継いでおります
我が師紋也・小志んとし松師・大阪の伏見紫水師・郷土芸の博多筑紫流があります
一番難しいのは? 芸種では 投げ独楽のあしらい、扱い方で言えば 独楽に逆らわない手と腕の運びです。
手のひらサイズの小さな独楽を回す事が 一番簡単で難しいです。
練習次第で誰でも遊べますから プロはそれに加えて芸の新しい技術・独楽の形の開発そして関連する道具を製作しています。
お客様にいい状態でご覧にいれる為維持するのが 日常の作業になります。

ところで はっきりとしたアマチュアとプロの違いは何かと お客さんのよくある質問に
私はいつも こう答えています。
アマ;「自分が楽しむ様子を見てもらいたい」と考える
プロ;コマの魅力を引き出す努力をする
…ビミョウな事なので 言葉では伝えづらいですが…
毎日練習はどれくらい? 個人差があります 基本が出来るまでは 手と腕の許す限り独楽に触れるようにします。
独楽の「首振り」を直す事、心棒をまっすぐにできる事、体の向きを意識できる事が基本です。
プロは練習も兼ねて曲独楽ひとつひとつの状態をチェック、独楽本体のひびわれ・塗料の欠け、心棒の曲がり・磨き、など、曲独楽師の活動状況に応じた方法を個人個人で実行しています。そのほかに小道具の管理・修復なども重要な仕事です。
曲独楽の数が最も多い巳也は、ここ内子に嫁入り道具として相当数の曲独楽を持参しました。製作者の伊藤先生に返却した分は50個程度ありましたが、現在でも150個近いのでやはり管理が一苦労です。只今 亭主の協力の元、「かわせみ」で管理の様子など公開しています。
プロの曲独楽師になるには? 希望有る答え 誰でも 曲独楽が好きなら なれると思います!私がそうでした 
現実的アドバイスをするなら 「お金を貯めましょう!」です 木材の値段は「東急ハンズ」などで柾目の桂、ミズキ2m50cm位からを聞いてみてください。どれだけ大変な事かわかるはずです。私の投資はおよそ銀行5年勤務の退職金にあたると思います。
プロの曲独楽師との過去40年に渡る「豊富な情報」を持つ曲独楽製作者は 世界中捜しても 広井政昭氏と伊藤誠一氏しかいらっしゃいません 経済的負担をかけない為にぜひ!(自戒含め)しかも曲独楽製作は後継者不在の為、残り時間は少ないのです。

お疲れ様でした…またどうぞ

TOPへGO!